オーダーメイドハウス【注文住宅で一生住みたい家を作るテクニック】

再建築不可

再建築不可の土地に注意する

家

景気が活発になり期待インフレ率があがってきたため、今後は不動産取引が活発化してくることが予想されます。取引が活発になってくると、物件数も豊富になり取引しやすい環境が整ってきますが、土地付き中古住宅を取得する場合に注意すべき点があります。 それは再建築不可の物件を購入しないことです。建物の建築をする場合には建築基準法に基づく建築許可が必要ですが、土地の状況によっては建築申請が通らず注文住宅でも再建築不可の場合があります。例えば、前面道路に2メートル以上敷地が接道していない土地は原則として再建築不可です。 そういった土地で注文住宅を建ててしてしまうと、建物が古くなったからといっても再建築不可で建て替えができません。こういった物件は安い価格で売り出されることが多いですが、価格に惑わされずよく確認をした上で避けるのが無難です。

賢く買う再建築不可物件

注文住宅を購入する場合、たくさんの物件のなかから、自分なりの条件で物件を絞り込み、ベストな物件を探しだしますが、そんな物件探しにおいて、再建築不可物件という選択もあります。 再建築不可とは、今ある建物を解体してしまえば、再度建築することが不可能な物件をさします。 つまり、現在ある建物じたいが現状の建築基準法に適合していないか、法令の改正により再建築不可になった物件がほとんどです。 このような再建築不可、当然、一般的な中古戸建て物件より、非常に安価に取得できることで知られています。 また、再建築不可物件は、解体してしまうと再建築でいないため、柱部分を残し大改修してしまえば、注文住宅程度の物件に大変身できますので非常にお勧めです。