オーダーメイドハウス【注文住宅で一生住みたい家を作るテクニック】

住宅購入をしよう

住宅を購入する際の流れについて

不動産

注文住宅の購入は、ほとんどの方にとって一生に一度経験することがあるかないかの問題になると思います。注文住宅を購入しようと思っている方は、まずハウスメーカーが主催する内覧会で実際に目で見て確認する事が重要です。情報収集を行って、気に入った物件を見つけたら販売業者に購入の意思を伝えてください。購入の意思を示すためには、購入申込書にサインをすることになります。この段階では新築物件を正式に購入すると決まったわけではありません。場合によっては、白紙撤回することも可能です。しかし、言い換えると、他の購入希望者が現れた場合にはピンチにもなります。相手の方が返済の信用度が高いと判断されると、気に入った物件を入手する事ができなくなる可能性があります。

高額の費用が必要になるので、計画が大切

注文住宅は、購入費用が高額になるので入念な資金計画をあらかじめ計画しておく必要があります。金融機関で住宅ローンを借り入れることになりますが、所得や雇用形態、借り入れの有無などによって申し込むことができる住宅ローンにもばらつきが生じます。金利が低いローンであれば、審査は厳しくなります。高金利であれば比較的審査に通過しやすくなりますが返済の負担が大きくなるので、想定を超える費用が必要になる場合には住宅購入を検討し直す勇気も必要です。新築物件にこだわるのであれば、できる限り頭金を用意しておき購入に有利な条件を整えることが大切です。収入やライフスタイルを考慮して注文住宅の購入に踏み切る決断をすることが重要です。